問題解決実績 [CASE STUDY]

ライニングのための下地処理です。

内面部にライニングされるため

その下地処理としてブラスト加工しました。

IMG_1867.JPG

きれいに機械加工されてありますが、このままライニングされても

密着性が悪く、剥離する可能性があります。

ブラスト加工することによって、油分や汚れ、錆などを完全に除去すると同時に、

粗面化され表面積も増えるために密着度が上がります。

IMG_1858.JPG

ライニングされるところにブラスト処理を行い始めてから

クレームが激減したそうです。

ありがとうございます。

この記事につけられたタグ

問題解決実績お問い合わせはこちらから
● SOLUTION 錆び、腐食の問題解決します!
  • ● サービス案内 弊社のサービス内容について掲載しています。
  • ● 問題解決実績 さまざまな錆び、腐食の問題を解決しています。
  • ● よくある質問 弊社に寄せられるよくある質問です。